カテゴリー
インド デリー

ニューデリー

インドの首都デリーは、ニューデリー・オールドデリー・郊外の3つのエリアに分かれており、各地に歴史的な建造物が数多く残されている。世界遺産に指定されているものも多く、見ごたえ十分。さらに、デリーは世界でも最も成長している都市の一つとして、活気ある不思議な魅力がいっぱい。

ニューデリーの見所

タージマハル

インドと聞けば誰もが思い浮かべるタージマハル。ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンが妃ムムターズ・マハルのために作った霊廟。ユネスコの世界遺産にも登録されている。

約22年という歳月をかけて総大理石で建設された白亜のお墓には、ダイアモンド、翡翠、瑪瑙、トルコ石、珊瑚などの宝石、宝玉がふんだんに散りばめられていて、皇帝の愛妃への強い想いが偲ばれる。タージマハルはデリー郊外の街アーグラにあるが、鉄道を使えばデリーから2~3時間でアクセス可能。

・インド門

デリー中心エリアにあるインド門は、フランスのパリにある凱旋門を模して1929年に建設された慰霊碑である。アーチの高さは、約42m。ここには、第一次世界大戦で戦死した約8万5千人の兵士達の名前が刻まれ、祀られている。

インド門から西側の大統領官邸に伸びたラージパト通りにかけては、デリー観光のメインスポットの一つで、インド門が美しくライトアップされる夜の観光は特に幻想的でおすすめ。周辺の屋台もにぎやかなのでぜひ訪れて欲しい。

・レッドフォート

ニューデリーの少し北であるオールドデリー地区にあるレッドフォート(ラール・キラー)。ここは、妃のためにタージマハル廟を建設したことでも有名なムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、アーグラから新都シャージャハーナーバードに遷都した際に築いた居城。

1639年から9年という年月をかけて、赤砂岩という赤い石を使って建設されたもので、その独特の色彩からレッドフォート(赤の城)とも呼ばれている。隣接しているサリームガル城と併せて、ユネスコの世界遺産に登録されているレッドフォートは、デリー観光には欠かせないスポットである。

正面にあるチャンドニー・チョークは、ムガル帝国時代に作られたというこの古い繁華街でまさにインドのバザールという雰囲気。庶民が日常的に利用するマーケットで衣類・雑貨・食料品・家電・宝石など、ありとあらゆるものを売る店が立ち並んでいる。

・フマユーン廟

ニューデリー地区にあるフマユーン廟は、ムガル帝国第2代皇帝フマーユーンのために、その王妃であるハージ・ベグムが1570年に建設した墓廟。インドといえば多くの人が思い浮かべるタージマハル廟のお手本になったとも言われていて、世界遺産にも登録されている。

赤砂岩と大理石をふんだんに使って建てられたフユマーン廟には、ヒンドゥーやインド・イスラムの様式に、ペルシャ様式が溶け込んだ、当時としては新しく優美なスタイルの庭園がある。緻密な計算のもとに作り上げられたフユマーン廟は、光と影のコントラストが強い、朝日や夕日の時間帯が一番美しいと言われている。

・ロータステンプル

白く美しい蓮の花の形をしたロータステンプルは、1986年完成したデリー東南にあるバハーイー教の礼拝堂。バハーイー教とは、19世紀のイランに始まって世界中に広まった宗教。9つの花びらをかたどった白大理石の本堂は、周辺を9つの青い池に囲まれていてとてもきれいである。青空とのコントラストが美しい晴れた日や、夕暮れ時、ライトアップされる夜の観光がおすすめ。

・アークシャルダーム寺院

アークシャルダーム寺院は、世界一大きなヒンドゥー教の寺院として2007年にギネスにも認定された寺院。鉄やコンクリートを一切使わず砂岩や大理石で建設されたというこの寺院には、ヴィシュヌ派の聖人スワーミーナーラーヤンが祀られている。

アークシャルダーム寺院は宗教施設だが、施設内にはスワーミーナーラーヤンにまつわるエキシビジョンや、ジオラマ、映像などのアトラクションもある。日が落ちると美しくライトアップされるので、夕刻以降の観光がおすすめ。

アクセス

日本から直行便で10時間半という距離にあるデリー。インディラ・ガンディー空港はインドの首都デリー中心部から約15キロ南西に位置しており、格安航空会社 (LCC) の拠点空港でもある3つのターミナルを有する巨大空港。

日本からデリーへは成田空港から直行便が就航。他の日本国内都市を出発する場合、東京 (成田・羽田) で飛行機を乗り継いでデリー行きの直行便を利用するか、香港・バンコク・上海といったアジア主要都市を経由してデリーまで行く方法がある。

デリー市内には、電車やバスの他、リキシャ(人力車)という移動手段がある。デリーの玄関口となるインディラ・ガンディー国際空港から市内までは約15キロの距離。地下鉄を使うとわずか20分ほどで空港から市内中心地へアクセス可能。また、空港からは20分おきに24時間、エアポートバスも運行していて、空港と市内中心地コンノートプレイスまでを約50分で結んでいる。

コメントを残す