カテゴリー
ジョホールバル マレーシア

ジョホールバル

マレーシア第二の都市、ジョホールバルはマレーシア南部の大都市。首都クアラルンプールに次ぐ人口を擁し、ジョホール海峡を挟みシンガポールに2本の橋でつながる、潮の香り漂う港町。サッカー好きの方には「ジョホールバルの歓喜」でも有名。

シンガポール中心部から1時間ほどで行けるため、シンガポール側からの日帰り観光地としても大人気。歴史的建造物やレジャー施設も多く、子供から大人まで幅広い年齢層が楽しめるのが魅力。

ジョホールバルの見所

・スルタン・アブ・バカール・モスク

スルタン・アブ・バカール・モスクは、マレーシアで最も美しいと言われる木造のモスク。ジョホール海峡を見下ろす丘の上に立ち、白亜の壁と青い屋根のコントラストが印象的。近代ジョホールの父であるジョホール国王アブ・バカールの命を受け、8年の歳月をかけ1900年に完成した。

広い礼拝堂を持つこのモスクには、一度に2000人もの信者を収容することができる。礼拝時間以外は内部を見学も可能だが、男性は長袖と長ズボン、女性は長袖と長ズボン、スカーフの着用が必須となるので要必要。高台から眺めるジョホールバルの街並みも必見である。

・スルタン王宮博物館

スルタン王宮博物館は、国王アブ・バカールが1886年に建てた王宮。白と青のコントラストが美しいビクトリア調の建物内には、実際に使用されていた家具や食器、衣装などが7万点も展示されている。

館内には国王や王妃の部屋などが再現されており、見どころ満載。整備が行き届いた美しい庭園からは、ジョホール海峡を眺めることもできる。

・ジョホール動物園

1928年に開園したジョホール動物園は、アジアでも最も古い動物園の一つ。ライオンやゾウ、オランウータン、トラなどといった定番の動物から、日本ではあまり見られないカラフルな鳥や爬虫類まで幅広い。

どの動物も至近距離で観察できる為、お子様連れのファミリーに大人気。スルタン・アブ・バカール・モスクから徒歩10分ほどなので、併せて訪れて欲しい。

・タンジュン・ピアイ国立公園

タンジュン・ピアイ国立公園は、ユーラシア大陸最南端の岬を中心とする国立公園。敷地内にはおよそ526ヘクタールものマングローブの森が広がっており、回廊を歩きながら園内を散策することができる。森の中には野生のサルや鳥が多く生息しているので、運が良ければ会えるかもしれない。

タンジュン・ピアイ国立公園は、ジョホールバル市内から90kmほど離れたところにあるので、バスかタクシーを利用するか現地ツアーに参加するのがおすすめ。有料だが名前と日付入りの「アジア大陸最南端の地到達」という認定書も発行されているので、手に入れてみては。

・新山華族歴史文物館

新山華族歴史文物館では、中華系民族がマレーシアに渡ってきた歴史をパネル形式で紹介している。ジョホールバルの歴史に華人が深く関わってきたことを示す資料館だけに、ここはぜひ訪れておきたいところ。ちなみに、ジョホールバルは中国語で「新山」と呼ばれた。

館内には、華人の世界に浸透している秘密結社の様子や、第二次世界大戦時の日本統治の様子が様々な資料を通して展示されている。

この記事は前半と後半に分かれています。後半はこちらから読めます。

アクセス

ジョホールバルまでは首都クアラルンプールから距離にして約400km。車では4時間程度、飛行機で40分ほどで移動できる。

また、シンガポールからもバスで移動できるので、多くの観光客や旅人、現地の方々がシンガポールからジョホールバルへ通っている。シンガポールの中心地からバスで30分ほど。

コメントを残す