カテゴリー
ボリビア

ウユニ塩湖

南米のボリビア西部にあるウユニ塩湖は、標高約3700mの標高に位置する塩の大地。その面積は約11,000km²と広大だが、ウユニ塩湖全体の標高差はわずか50cmと、世界で最も平らな場所である。そのため、降った雨が流れる事なく膜のように塩の大地を覆うため、天空の鏡と呼ばれる神秘的な光景を作り出す。このような広大な塩湖が高地に生まれたのは、その昔アンデス山脈が海底から隆起した際に大量の海水が山上に残ったためといわれている。

季節ごとのウユニ塩湖

南米にあるボリビアでは4月~11月が乾季にあたり、晴れた日が続く。ウユニ塩湖は干上がり、一面の塩の大地が地平線まで続く光景が堪能できる。遠近感が無くなるこの時期には、ウユニ塩湖で定番のトリック写真の撮影を楽しむことができる。

12月~3月は雨季となり、湖面に水が張ってまるでミラーように空を映し出す鏡張りの絶景が楽しめるシーズン。特に人気が高いのが、水面に満天の星空が映り込み360度一面の星に包まれたまるで宇宙のような景色。

鏡張のウユニ塩湖は、前日までに雨が降り水が溜まっている事、当日は晴れていて風がない事など、条件が重なって現れる。旅程には余裕を持って、数日間滞在する事でより良いコンディションの鏡張に遭遇するチャンスが増える。

ウユニ塩湖付近の見所

・インカワシ

インカワシとは、ウユニ塩湖の中にある小さな島。その姿から、魚の島と言われており、島には大きなサボテンがニョキニョキと生えているユニークな島。雨季には水位が上がり近づくのが難しいが、乾季には上陸可能。島からは果てしない塩の大地を堪能できる。

・コルチャニ村

ウユニの北部にある小さな村で、塩や塩でできたお土産、民族衣装などを買う事ができる。近くには塩の精製工場もあり、見学もできる。

・列車の墓場

ウユニの町の南西にあり、破棄されて朽ちてしまった鉱山鉄道の車体が100台以上集められている場所。実際にこの列車はウユニからチリまで塩や鉱山を運んでいた。ウユニの平坦な土地に、時が止まったかのようにたたずむ列車の姿は、未来の荒廃した世界を描いたSF映画の舞台のよう。

ウユニ塩湖での服装

ウユニ塩湖を楽しむためには、その環境に適応するための準備が必要。標高が高く、太陽が近いウユニ塩湖では太陽の照り返しが強烈で日焼け止めや帽子、サングラスなどの日焼け対策が欠かせない。

ウユニの最高気温は約20度で、昼はシャツでも過ごせるが、夜は最低気温約5度くらいまで寒くなる。夕日や星空、朝日など夕方以降のツアーに参加する場合はダウンやフリースなどの冬物の上着はもちろん、セーターや保温性の高いインナーなど着込んで行くなど準備が必要。

ほとんどのツアー会社で長靴を無料レンタルできるが、心配な方は自分に合う長靴を用意しておくと安心。

アクセス

ウユニ塩湖に行くには、ボリビアの首都ラパスからバスで約10時間~12時間。もしくはラパスからウユニまでアマゾナス航空が毎日就航しており、所要時間は約1時間。

コメントを残す